訪問看護について 医療機関・事務所の皆様へ

訪問看護を利用できる対象者と利用回数について(介護保険か医療保険か)

介護保険での訪問看護の対象となる方

介護保険は、本人が市町村へ要介護認定の申請をして、認定調査・審査判定を受けた後、要介護状態区分が決定されます。

(1)
年齢によって、要介護認定を受けることができる要件が異なります。
65歳以上の方(第1号被保険者)
原因を問わず、介護や日常生活の支援が必要となったとき
40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)
老化が原因とされる病気(表1)(政令で定める特定疾病)により介護や支援が必要となったとき
(2)
要介護認定の結果、該当する要介護状態区分によって介護保険では利用できない場合があります。

要介護状態区分が、要支援1・2、要介護1〜5の方は、介護保険の利用が原則ですが、末期の悪性腫瘍および厚生労働大臣が定める疾病等(表1)(平12告示23号の三)に該当する人、または急性増悪期の特別訪問看護指示書のある方は、医療保険で訪問看護を受けられます。

要介護状態区分が、非該当(自立)の方は、介護保険では訪問看護を利用できませんが、医療保険で利用することができます。

このページの上部に戻る

医療保険での訪問看護の対象となる方

A )
介護保険の要支援1・2、要介護1〜5の方の内、末期の悪性腫瘍および厚生労働大臣が定める疾病等(表1)(平12告示23号の三)に該当する場合には、介護保険ではなく、医療保険の訪問看護の適用となります。また、急性増悪期の特別訪問看護指示書の交付がある場合も医療保険の対象となります。
B )
65歳以上で要支援・要介護に該当しない方
C )
40歳以上65歳未満で、老化が原因とされる病気(表1)(政令で定める特定疾病)以外の方や要支援・要介護に該当しない方
D )
40歳未満の医療保険加入者とその家族(病的な妊産婦や乳幼児などを含む)

このページの上部に戻る

介護保険と医療保険のどちらの対象となるのか

介護保険と医療保険のどちらの対象となるのか

このページの上部に戻る

「利用者のニーズにあった訪問看護ステーションを探している」「専門的な看護ケアを提供できる訪問看護ステーションはどこか?」など、お困りのことがございましたら、お気軽に『訪問看護コールセンターおかやま』をご利用ください。

電話番号:086-238-7577

開設日:火曜日〜金曜日