ごあいさつ ごあいさつ

会長あいさつ

会長写真

一般社団法人
岡山県訪問看護ステーション連絡協議会

  会長   江 田 純 子

皆様には、平素より当協議会活動の推進に対して、ご理解とご支援をいただき心よりお礼申し上げます。新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、訪問看護師による感染症のある利用者への訪問看護の対応体制を見直したり、感染対策の徹底や職員のメンタルヘルスに取り組まれ、通常業務の上に大きなご負担となっておられることと思います。

当協議会としては、最新情報の提供や関係機関との情報共有、感染対策用品提供事務など事業所に寄り添いながら支援したいと考えております。

さて、令和3年度の当協議会の重点事項は、

  1. 訪問看護師の人材確保・定着
  2. 訪問看護師の資質向上
  3. 訪問看護の普及・啓発
  4. 平時・緊急時の訪問看護ステーション間のネットワーク強化
  5. 多職種とのネットワーク強化

を挙げ、感染状況をみながら事業を進めています。令和3年度介護報酬改定において、特に災害及び感染症への対応力強化、ICTへの取り組みが求められていることも踏まえて、研修や事業を展開してまいります。

また、訪問看護人材の確保、質の向上のため、訪問看護に関心がある看護職や看護学生を対象とした訪問看護ステーション体験研修事業を是非ご活用いただきたいと思います。訪問看護講師人材養成研修会の受講生がリーダーシップを発揮し、昨年度立案した訪問看護人材の確保・定着・離職防止に関する事業の実施により、訪問看護師が増えることを期待しております。

コロナ禍の大変な時に、人との交流も制限され、辛いことも多いと思いますが、ご自身の健康と生活、大事な人の健康と生活を守って、日々を大切に過ごしてまいりましょう。

最後になりましたが、現場の声をお届けいただき、一緒に訪問看護の課題に取り組み、安定した訪問看護事業が継続できるよう、努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。